contactお問合せ

無料体験
お申込み

坐禅の修行に行ってきました(2)

本格的な坐禅に入りました

おざぶに前に着いたら、自分が坐るざぶに向かって、合掌を持って
お礼をし、右まわりで身体を正面に向けてから、一緒に坐禅する
みなさんにも合掌でお礼をして、お尻から静かにざぶの上に坐り、
右回りで壁に向けて坐ります。
曹洞宗では壁に向かって坐るのでこれを壁面といいます。
目を軽く閉じて心を鼻先の息の出入りに集中しながら
目線は鼻先の壁に向けます。